テックキャンプでアプリ開発できるの?!実態は理想とは程遠い?

テックキャンプ,アプリ開発,学習,プログラミング,TECH

 

 

テックキャンプでアプリ開発できる?

 

テックキャンプでアプリ開発をするメリットは何?

 

どんなアプリが作れるの?

 

理想と実態のギャンプはないの?

 

 

あなたも同じような疑問を感じていませんか?

 

 

この記事ではテックキャンプのアプリ開発について

 

 

あなたに

 

 

実態

 

 

を話しますね

 

 

あなたの疑問や不安を

 

 

ぜひスッキリさせてください!

 

 

では結論からお話しする前に

 

 

一人の青年がテックキャンプでアプリ開発を終えた後の

 

 

ライフストーリーについて一緒にイメージしてみましょう

 

 

テックキャンプで一人の青年がアプリ開発をしたら…【物語】

テックキャンプでアプリ開発!?実際は理想とは程遠く…【暴露】

 

 

吉田さん(仮名)個人課題で

 

 

作ってみたアプリケーションは

 

 

ユーザーからのリアクションどうですか?

 

 

そうですね…ちらほらアクセスが帰ってくるようになりましたよ

 

 

また登録者数は10にも満たないですけどね(笑)

 

 

中古車の情報を比較アプリに

 

 

アクセスが集まるのはこれからの時期なので

 

 

吉田さんが出かけたアプリケーション

 

 

いいタイミングでリリースできたと思いますよ

 

 

収益に繋がるかどうかは別にして

 

 

今回テストキャンプで個人の課題で作成した

 

 

この中古車の情報比較アプリを使って

 

 

面接先の企業にぜひ

 

 

吉田さんの事をアピールして下さいね

 

 

テックキャンプのメンターからの

 

 

アドバイスをもらって吉田さんは

 

 

5社ほどのIT企業の面接を受けました

 

 

最終的に3社のIT企業の

 

 

最終面接にまでこぎつけた吉田さんは

 

 

第一希望のIT企業から

 

 

見事内定を得ることができました

 

 

吉田さんが手掛けた

 

 

中古車情報を比較アプリの完成度の高さや

 

 

目の付け所の良さを

 

 

IT企業を評価してくれたのです

 

 

吉田さんがテックキャンプを卒業してから

 

 

あっという間に2年半が過ぎました

 

 

吉田さんがテックキャンプで

 

 

アプリケーションを必死の思いで

 

 

制作したあの日々を

 

 

吉田さんも懐かしく感じています

 

 

吉田さんは現在

 

 

主にSES として働きながら

 

 

空いた時間を活用してアプリの開発に

 

 

取り組んでいます

 

 

仕事は定時で上がることができるので

 

 

残業もほとんどないことから

 

 

空いた時間をほとんどアプリ開発に

 

 

費やすことができています

 

 

吉田さんが制作しているアプリは

 

 

コロナの影響でひっ迫している

 

 

医療関係者を支えるためのアプリです

 

 

非常勤の看護師や医師として

 

 

どの病院で働くのが良いのか

 

 

業務内容や保証内容だけでなく

 

 

自宅からの通勤時間や

 

 

仕事を行う上でのメリットでデメリットが

 

 

わかりやすいグラフにしてくれるアプリケーションです

 

 

吉田さん自身もコロナの影響を受けて

 

 

手に職がないまま

 

 

仕事をリストラされてしまったのです

 

 

妻と小さな子供が一人いて

 

 

どうやって家族を養っていけば良いのだろう?

 

 

と吉田さんも不安に感じていた時に

 

 

テックキャンプを知ったのです

 

 

元々吉田さんは

 

 

アプリ開発に関心はありませんでした

 

 

むしろ家族を養うために手っ取り早く

 

 

エンジニアになることができる

 

 

プログラミングスクールを探していたのです

 

 

プログラミング自体は未経験でしたが

 

 

吉田さんはパソコンいじりが

 

 

個人的に好きなほうでした

 

 

Office系のソフトは一通り使うことができますし

 

 

タブレットPCやスマートフォンなどを

 

 

日常的に使いこなしていました

 

 

 

きっとプログラミングもすんなり学べるだろう

 

 

と吉田さん思っていましたが

 

 

実際に行くキャンプに入ってみて

 

 

悪戦苦闘の連続でした

 

 

カリキュラムの最初の方では

 

 

すんなり学んでいたものの

 

 

Javaを学ぶ段階で

 

 

大きくつまずいてしまい

 

 

遅れを取り戻すために必死でした

 

 

振り返ってみれば

 

 

プログラミングの基礎をしっかり

 

 

学ぶことができた上に

 

 

アプリ開発まで経験することができた

 

 

吉田さんは一人のエンジニアとして

 

 

IT企業でやっていくだけの力を

 

 

得ることができたのです

 

 

転職を果たした後

 

 

吉田さんはアプリケーション制作チームに配属されます

 

 

テックキャンプでオリジナルのアプリケーション制作を

 

 

行なったことをきっかけに

 

 

吉田さんはアプリケーション制作の

 

 

現場で多くのことを学んでことになったのです

 

 

あっという間に4年の月日が経ちました

 

 

今では吉田さんは

 

 

エンジニアとして経験と実績を重ね

 

 

会社内でも高い評価を得ています

 

 

吉田さんが関わってきた

 

 

アプリケーション制作のチームが生み出した

 

 

数多くのアプリケーションによって

 

 

世の中の大瀬のユーザーが笑顔になっています

 

 

吉田さん自身もやりがいをひしひしと感じています

 

 

かつては家族を養っていくために

 

 

手っ取り早くエンジニアになれればいい

 

 

と考えていた吉田さんですが

 

 

思った以上に

 

 

エンジニアの仕事は楽しい

 

 

と石田さん自身も感じられるようになりました

 

 

テックキャンプで四苦八苦しながら

 

 

アプリケーション制作した経験が

 

 

現在のIT企業でいかされているわけです

 

 

テックキャンプではあくまでも

 

 

エンジニアとしての基本的な

 

 

知識や技術を学んだにすぎません

 

 

IT企業に転職してからの時間の使い方や

 

 

いつまでも謙虚な気持ちで

 

 

プログラミングを学び続け

 

 

手を動かして行くことの大切さを

 

 

吉田さん自身も獣と感じているのです

 

 

世の中はまたコロナによる経済の低迷から

 

 

完全には戻りきっていません

 

 

IT業界も少なからず打撃を受けて

 

 

IT企業間での競争も強まっています

 

 

自分の手に職を持つことの強さや

 

 

プログラミングという武器を手にする

 

 

メリットについて吉田さんは

 

 

ひしひしと感じているのです

 

 

 

いかがですか?

 

 

テックキャンプを卒業して

 

 

IT企業へ転職をしていった

 

 

ライフストーリーを具体的にイメージすることができましたか?

 

 

では これからテックキャンプのアプリ開発について

 

 

具体的にお話する前に

 

 

そもそもテックキャンプでは

 

 

どのようなメリットがあるのかお話しますね

 

 

テックキャンプのメリットは?アプリ開発以前に知っておきたい

テックキャンプでアプリ開発!?実際は理想とは程遠く…【暴露】

 

アプリ開発ができる
誰でもエンジニアになれる
メンターに質問し放題
オンラインで転職まで完結できる
短期集中でプログラミングを学べる
プログラミングスキルが身につく
専属のトレーナーがあなたをサポート
専属のキャリアアドバイザーとのキャリア相談
転職成功まで個別にサポート
全額返金保証
転職保障

 

いかがでしょうか?

 

もちろん学習コースによって受けられる

 

サポートや保障内容は変わってきます。

 

 

しかし、相当の覚悟でプログラミングを学ぶなら

 

あなたもテックキャンプと二人三脚で

 

目標達成に向けて一歩一歩前進していくことができるでしょう。

 

 

では、いよいよテックキャンプの

 

アプリ開発に関する

 

リアルな現実をあなたにお話しますね。

 

テックキャンプでアプリ開発できる?!理想とは程遠い実態?

テックキャンプでアプリ開発!?実際は理想とは程遠く…【暴露】

 

アプリ開発を行いリリース できる?

 

どんなアプリ開発ができる?

 

アプリ開発の理想と現実はほど遠い実態なんじゃないの?

 

 

あなたもこのような疑問を感じていませんか?

 

 

ではこれからテックキャンプの

 

アプリ開発の実態をあなたに赤裸々に暴露しましょう。

 

後半ではテックキャンプでアプリ開発を行った

 

元八百屋さんの実際のライフストーリーをお話しますね。

 

テックキャンプでアプリ開発できる?!

 

テックキャンプでアプリ開発できる

 

エンジニアになってからアプリ開発の

 

どの部分をあなたが担当するか分かりません。

 

ですからアプリ開発のどの部分を

 

あなたが担当することになったとしても

 

一通りテックキャンプでアプリ開発を

 

経験しておくことでアプリ開発に着手しやすくなるわけです。

 

 

テックキャンプのアプリ開発では、事前にサーバーを構築して

 

そのさサーバーにアプリをリリースするという経験も行います(エンジニア転職コース)。

 

 

600時間というテックキャンプの学習時間すべてを

 

一通り学びを得るなら、プログラミング未経験者が

 

インターネット環境があるところでならどこででも

 

自らサービスを構築する環境を整えて

 

アプリ開発を行って世の中にアプリを

 

リリースしていくことができるというわけです。

 

 

プログラミング教養コースでもアプリ開発は可能です。

 

  1. Rubyを学ぶ
  2. HTMLを学ぶ
  3. CSSを学ぶ
  4. アプリ開発

 

という流れで一からアプリ開発ができるようになります(一例)。

 

ただし、エンジニアとして働くことをメインにしているコースではなく、

 

教養としてアプリ開発ができる、というスタイルです。

 

 

他にも、VRアプリを制作することができたり、

 

あなたの興味や表に応じてアプリケーションが制作できる

 

学習内容も用意されています。

 

 

アプリ開発を学んで将来エンジニアとして

 

転職をすることも考えているなら、

 

エンジニア転職のコースを受講することお勧めします。

 

 

確かにテックキャンプでアプリ開発ができることがわかりましたが、

 

きっとあるのは次のことではないですか?

 

 

どんなアプリが作れるの?

 

 

ではあなたにお話しましょう。

 

テックキャンプではどんなアプリ開発ができるの?

 

Rubyで開発できるアプリ(具体例は以下)

 

  • Twitter.
  • クラウドワークス
  • Gunosy.
  • Airbnb.
  • クックパッド
  • 食べログ
  • hulu.
  • 価格.com.

 

確かに有名なアプリケーションが

 

ずらっと並んでいますよね。

 

 

主にテックキャンプでアプリ開発を行う際には、

 

Rubyというプログラミング言語を使います。

 

Rubyで作れるアプリケーションには確かに、

 

上記のような有名なアプリケーションもありますが、

 

あなたは正直こんな疑問を持っていませんか?

 

理想は実態と程遠いのではないか?

 

テックキャンプでアプリ開発を行えると言われても、

 

実際に制作できるアプリの実態はどのようなものなのでしょうか?

 

アプリ開発の理想と現実はほど遠い実態なんじゃないの?

 

テックキャンプでのアプリ開発の理想と現実がほど遠い実態じゃないの?

 

理想:Twitterのようなアプリが作れると思っていた
実態:テキストのみのシンプルなレビューアプリくらいがやっと

 

理想: 卒業までに一から自分一人でアプリの開発がバンバンできるようになる
実態:チーム開発である程度のアプリ制作経験ができて制作物を共有できる

 

もちろんあなたのプログラミング経験や

 

実務経験などによってできキャンプで

 

携われるアプリ開発の程度もある程度変わってくるでしょう。

 

 

しかしアプリ開発の理想と現実には

 

大きな開きがあるということを思いに止めてください。

 

テックキャンプで新しいアプリケーションを開発して

 

リリースして発売までこぎつけるということが

 

テックキャンプでの主な目標ではないからです。

 

 

テックキャンプでエンジニアとしてある程度

 

自走できる力をつけて転職を果たした先で

 

あなたがエンジニアとしてはプリ開発を行ったり

 

アプリに魅力的な機能を実装させて

 

行くことができるように基本的な知識や

 

最低限のアプリ開発の制作実績を作ることが

 

テックキャンプでできる事になります。

 

 

ですからテックキャンプに入る前から

 

高すぎる理想を持たないように

 

注意しなければなりません。

 

 

例えば以下のようなコメントも

 

テックキャンプのアプリ開発に関して耳にします。

 

Ruby でアプリ開発をできたところで社会での付加価値はほとんどありませんよ【テックキャンプの評判 某サイトより 2020年7月】

 

テックキャンプでアプリ開発ができたからといって

 

すぐに世の中で生かされる知識や経験には

 

ならないことがある、ということです。

 

 

テックキャンプでアプリ開発を

 

メインに学ぶわけではありません。

 

プログラミングの全体像を一から理解して

 

サービスを開発し運用し保守し、

 

改善していくプロセスを一人で

 

ある程度行えるようになることが

 

テックキャンプのエンジニア転職の目標です(受講コースによる)。

 

 

だからこそテクキャンプから千人以上の

 

転職者が生まれるわけです。

 

企業が求めるITの人材になるために

 

テックキャンプがバックアップしてくれるわけです(エンジニア転職コースに関して)。

 

 

プログラミングを教養として学ぶ場合でも、

 

プログラミングを武器にして

 

IT業界へ転職を目指せ場合でも、

 

テックキャンプでアプリ開発をする経験を

 

武器に今後もあなたの良い学びの経験になっていくことでしょう。

 

 

ではテックキャンプのアプリ開発について知った今、

 

あなたはどうしますか?

 

八百屋からエンジニア?!森川さんがテックキャンプでアプリ開発

 

現役の八百屋から

 

エンジニアに転身した森川さん元々

 

オリジナルのアプリを作りたい!

 

と言う目的でテックキャンプに入稿したんです。

 

でも実際にテックキャンプに入ってみると

 

八百屋のような小売業に役立つサービスを作り出したい

 

と考えるようになりました。

 

 

森川さんは最短でオリジナルのアプリを作りたい

 

と考えていましたが

 

結局どのくらいの時間をかけて

 

アプリを制作したのでしょうか?

 

4、5ヶ月

 

でも、アプリ開発は失敗に終わりました。

 

 

大量のエラーが出てしまって

 

解決方法を見いだすことができないまま

 

森川さんは初めてのアプリケーション制作を

 

あきらめることにしたんです。

 

 

テックキャンプのメンターと相談して

 

一旦1つ目のアプリの制作を諦めることにした森川さん。

 

そのままアプリ開発をやめてしまったのでしょうか?

 

 

アプリ制作をなんと1週間で成功させます

 

 

4、5ヶ月の間、たくさんの試行錯誤を行ってきたことが

 

森川さんの2つ目のアプリ開発に大いに生かされました。

 

 

2つ目のアプリ制作はあまりにも

 

スムーズに完成までこぎつけたので

 

あまりの簡単さに森川さん自身も驚いてしまったほどです。

 

 

2つ目のアプリ開発で森田さんが作り上げたアプリケーションは

 

まさに八百屋業界で活躍するアプリケーションです。

 

在庫のデータを連動させることで

 

ユーザ情報を共有できるようになるアプリです。

 

 

まだまだアプリのリリースにはこぎつけていませんが、

 

森田さんはIT企業への転職を決意しました。

 

 

オリジナルのアプリをテックキャンプで開発することが

 

きっかけでアプリ開発の難しさを肌で感じたのです。

 

 

ユーザが使いやすいと感じるような

 

シンプルなアプリを作ると言う事は決して簡単ではありません。

 

だからこそ、アプリ開発にやりがいを森田さんが感じるようになったのです。

 

 

Wantedlyを使って森川さんは

 

転職活動を自分で始めました。

 

森川さんはテックキャンプのウェブサービス開発コースを受講しました。

 

つまり転職サポートがついていない学習コースです。

 

 

しかし森川さんは、IT企業への見事転職を成功させます。

 

2020年4月1日時点で森川さんは

 

転職先の企業で研修を受けていました。

 

研修を覚えることで出向先の企業が決まるのです。

 

 

森川さんは、会社内で研修を受けながら

 

自社ツールの開発を行うこともしています。

 

出張先の企業とは、

 

森川さんが別の企業に出かけていって

 

その企業で必要なIT系の仕事を

 

エンジニアとして行う、という働き方です。

 

 

エンジニアになると、9割近くのエンジニアは

 

森川さんと同じような働き方になる、

 

と考えて間違いないでしょう。

 

 

森川さんにアドバイスをお願いしました。

 

これからプログラミングを学びたいと思っている人に

 

森川さんはこんなふうに答えてくれました。

 

 

プログラミングを学ぶことで

 

自分をブランディングできるようになります

 

 

森川さんのライフストーリーからも分かるように、

 

プログラミングは確かに武器になりますね。

 

自分を表現できる道具ですし、

 

自分の経験や知識を活かせる

 

プラットフォームということができます。

 

 

テックキャンプでアプリ開発をメインに考えて

 

受講した森川さんが結果的には

 

IT企業へ転職を成功させたことも興味深いですね。

 

 

アプリ開発をしながら

 

プログラミングの楽しさややりがいを実感して、

 

エンジニアとしての道を選んだわけですから。

 

 

では、あなたはいかがですか?

 

ではこれから、テックキャンプでアプリ開発を学んだ一人の青年に

 

どのようなライフストーリーが待っているか

 

一緒にイメージしてみましょう。

 

テックキャンプのアプリ開発の後に待っていたこと

テックキャンプでアプリ開発!?実際は理想とは程遠く…【暴露】

 

 

今月の社内MVPは小島さんに決まりです

 

 

では小島さんに表彰状を

 

 

社長から手渡していただきます

 

 

パチパチパチパチパチ(握手)

 

 

この機会に小島さんから

 

 

一言お願いします

 

 

 

今日はこのような素晴らしい賞をいただけて

 

 

光栄に感じます

 

 

この会社有能な上司の方

 

 

や同僚と一緒にチームとして働ける事を

 

 

本当に感謝しています

 

 

社内でアプリ開発部門が立ち上がった時に

 

 

チーム参加するように

 

 

という声かけをいただきました

 

 

アプリ開発業務で行ったことは

 

 

これまでなかったので緊張しましたし

 

 

果たして自分に出来るのかどうか

 

 

実際のところ不安で仕方がなかったです

 

 

でも外部から専門の

 

 

エンジニアが入ってきてくれて

 

 

アプリ開発の現場に少しずつ

 

 

慣れることができたり

 

 

研修を通じてアプリ開発についての

 

 

知識や経験などを

 

 

積み重ねることができました

 

 

そのおかげで

 

 

わが社で初めてのアプリを

 

 

公開することができるようにだったと思います

 

 

インタビュアーが小島さんに質問します

 

 

小耳に挟んだんですけど

 

 

小島さんは個人的にアプリ開発を

 

 

学ぶことがあったようですね

 

 

その時のことを話していただけませんか?

 

 

よくご存知ですね(笑)

 

 

今からおよそ半年前から

 

 

皆さんもご存知かもしれませんが

 

 

テックキャンプという

 

 

プログラミングスクールに通い始めました

 

 

もちろん転職するためではなくて

 

 

個人的に関心があった

 

 

アプリ開発について学ぶためです

 

 

受講期間は結局

 

 

半年近くかかりました

 

 

最初はほんの数ヶ月

 

 

アプリ開発について勉強してみよう

 

 

と考えたことがきっかけでした

 

 

アプリ開発には

 

 

しばらく前から関心がありましたし

 

 

プログラミングの学習についても関心がありました

 

 

将来 わが社でもアプリ開発が始まる時には

 

 

チームの一員として

 

 

何か役立つことができないかどうか?

 

 

と考えていたんです

 

 

アプリ開発は思った以上に楽しかったし

 

 

やりがいがありました

 

 

もちろんシンプルでユーザーにとって使いやすい

 

 

アプリを開発することは

 

 

簡単なことではありません

 

 

ユーザーが何を必要としているのか

 

 

どんな機能をアプリに実装することができるのか?

 

 

仕事の合間をぬって

 

 

休憩時間にはアプリ開発のことばかり考えていました

 

 

テックキャンプに通って5ヶ月が過ぎた頃

 

 

生まれて初めてアプリ開発を

 

 

成功させることができたんです

 

 

テックキャンプのスタッフとともに

 

 

二人三脚で作り上げたアプリがこれです

 

 

小島さんが見せたスマホのアプリに

 

 

会社の大勢の人たちが

 

 

釘付けになります

 

 

いずれ流通の分野で役立つアプリを

 

 

開発したいと思っていたので

 

 

このアプリを開発できて

 

 

本当に良かったと思っています

 

 

我が社でもし必要とするような

 

 

アプリが他にあれば個人的にもそうですし

 

 

会社の位置スタッフとしても

 

 

全力でサポートしていきたいと考えています

 

 

再び小島さんに対して

 

 

温かい拍手が沸き起こります

 

 

この表彰をされた後

 

 

小島さんは社内で活用する

 

 

様々なアプリ開発に着手するようになりました

 

 

新しいアイデアを会社に提供したり

 

 

アイディアをアプリ開発に当てはめてみることによって

 

 

会社内での小島さんの評価も

 

 

どんどん高まっていきました

 

 

明日あるときグループの系列会社から

 

 

転職の話が持ち上がったのです

 

 

アプリ開発の実績や貢献度が

 

 

評価されてIT系のグループ会社への

 

 

転職の話を社長から聞くことになりました

 

 

小島さんは即答して転職を決めました

 

 

アプリ開発を行っていくうちに

 

 

いつかエンジニアとして働いていきたい!

 

 

という思いが強まっていたからです

 

 

またとないチャンスだと考えて

 

 

小島さんは新しい転職先へ

 

 

転職を果たします

 

 

5年の月日が流れました

 

 

いつのまにか小島さんはフリーランスの

 

 

エンジニアとして仕事をしています

 

 

最初は興味本位で始めた

 

 

テックキャンプでのアプリ開発をきっかけに

 

 

現在小島さんはエンジニアとして働いているのです

 

 

かつては想像もしなかった

 

 

フリーランスとして独立し

 

 

エンジニアとしてアプリ開発だけでなく

 

 

様々な企業からのオファーを受けながら

 

 

自分の時間も有意義に活用し

 

 

生活を送っています

 

 

かつて一度訪れた

 

 

とある国の美しいビーチ

 

 

テックキャンプでアプリ開発!?実際は理想とは程遠く…【暴露】

 

 

が今でもせられなくて

 

 

思い切って小島さんは

 

 

その国への移住を決めました

 

 

パソコン一つで海を渡って

 

 

海外でのエンジニアとして

 

 

生活が始まりました

 

 

もちろんたくさんの不安もありましたが

 

 

思い切って行動して良かった

 

 

と小島さんは感じています

 

 

週3日から4日ほどは

 

 

エンジニアとしての仕事を行い

 

 

残りの時間はビーチでゆったりと過ごしたり

 

 

家族との時間を大切にしています

 

 

小島さんには一つの目標があります

 

 

それはひとつのアプリ開発です

 

 

医療従事者を助けるための

 

 

アプリ開発です

 

 

これまで行いたいと思っていましたが

 

 

行うべき他のことがたくさんあったために

 

 

後回しになっていた小島さんの目標です

 

 

予約目標を追い求めることができる

 

 

時間と資金的な余裕ができたのです

 

 

このアプリ開発が成功すれば

 

 

大勢の医療従事者が

 

 

病気に苦しむ人たちを助けることができるようになります

 

 

さらに医療従事者自身も

 

 

自分や自分の家族をシェアする時間が生まれます

 

 

仕事の内容に応じた給料の手当や

 

 

国からの支援を効率的に

 

 

受けることができるようになるわけです

 

 

小島さんはビーチから水平線を眺めています

 

 

太陽が海を明るく照らし

 

 

青々と澄んだ海が小島さんの前を波打ちます

 

 

いよいよこの時が来たんだ

 

 

自分の持っている技術や経験を生かして

 

 

一人でも多くの人に笑顔になってもらいたい!

 

 

果たして自分に何が出来るだろうか?

 

 

ビーチで時間を過ごしながら

 

 

小島さんは今後の事を深く考え始めます

 

 

 

いかがですか?

 

 

具体的にテックキャンプで

 

 

アプリ開発を学んだ後に

 

 

どのようなライフストーリーが展開されていくのか

 

 

イメージすることができましたか?

 

 

あくまでも他人の想像上の物語に過ぎない

 

 

と感じますか?

 

 

この記事でもご紹介したように

 

 

アプリ開発をきっかけに

 

 

最初はエンジニアとして

 

 

転職をするつもりではなかった

 

 

森川さんの物語を

 

 

あなたも覚えていらっしゃるでしょう

 

 

テックキャンプはきっかけにすぎません

 

 

プログラミングも道具にすぎません

 

 

それでもあなたが高潔な目標を掲げて

 

 

目の前の一人の人を幸せにするために

 

 

自分に何かできることがないのか?

 

 

と考え始めるなら

 

 

テックキャンププログラミングも

 

 

あなたにきっかけを与えてくれるでしょう

 

 

エンジニアとして安定した仕事がしたい

 

 

家族に楽をさせてあげたい

 

 

手に職をつけたい

 

 

あなたにはあなたの理由があるはずです

 

 

テックキャンプでアプリ開発を学ぶなら

 

 

あなたにとっても気づかなかった

 

 

あなたの目標やあなた自身の長所に

 

 

気がつくかもしれません

 

 

もしあなたがテックキャンプで

 

 

テンアプリ開発に関心があるのであれば

 

 

あるいは

 

 

テックキャンプでエンジニアとして

 

 

転職をしてみようと少しでも考えているのであれば

 

 

一度テックキャンプに相談してみてください

 

 

今この時にもプログラミング未経験だった

 

 

知らない誰かが

 

 

実際にIT企業へ

 

 

転職を果たしたり

 

 

アプリ開発を学んでいるのです

 

 

あなたが一歩踏みだすとき

 

 

テックキャンプはあなたに

 

 

全力で応えてくれます

 

 

未経験から最短でエンジニア転職を目指す

 

ことができるテックキャンプが!